-カナダの入国審査を解説-ワーホリでビザ期間を1年と+2ヶ月延長できた裏技って?

カナダワーホリ

カナダワーホリビザ期間【+2ヶ月】延長!入国審査の流れと裏技

2020-02-27

ねこやん2
ビザの期間って普通1年しかもらえないのに、どうして+2ヶ月もらえたの?

 

こんにちは、トロントワーホリブロガーのカナミんです。

 

今回は、カナダのワーホリビザの期間を【1年+2ヶ月】に延長してもらった、裏技ありの入国審査体験談。

 

この記事を読めば、以下のことがわかります。

  • カナダワーホリの入国審査に必要なものと流れ
  • カナダワーホリの入国審査で英語力は必要?
  • カナダワーホリの入国審査でどう対応するか
  • カナダワーホリのビザ期間を延長できる裏技

 

入国審査の不安を、この記事で吹き飛ばしちゃいましょう!

 

目次

カナダワーホリの入国審査に必要なもの

空を飛ぶエアカナダの飛行機

まず、必要な持ち物はこちらです。

・パスポート 滞在期間中に有効となるバスポート
・ワーホリビザ許可証 プリントアウトをして持参
・航空券/Eチケット 帰国チケットがない場合は、英文残高証明書の提示を求められる場合あり
・海外保険証明書 ワーホリ期間をカバーする保険(カナダでは必須)
・入学許可証 学校から発行されたもの(通う場合のみ)
・滞在先住所 ワーホリビザを申請する移民局で必要

 

これらは必ず手荷物に入れておきましょう!(荷物受け取り口の手前で必要となります)

 

私は帰国チケットを所有していましたが、念のため残高証明書を持参しました。

 

でもワーホリなので、帰国用のチケットを所有しない人も多いはず。それでも必要書類が揃っていれば基本的には問題なしです。

 

到着前に、税関申告書(Declaration Card)を記載

カナダの入国カード(Declaration Card)

飛行機の中でもらえる「税関申告書」に必要事項を記載しておきましょう!入国審査で必ず必要となります。

画像の説明文を参考に記載すればOK。(使用したのは2019年度)

 

乗務員の方が入国カードを持って回ってくれます。もし寝過ごしたら、「Can I get a Declaration Card?」と尋ねてもらってもOK。

 

空港到着後の入国ゲート前でも書けますが、書いている間に入国審査が行列になるので飛行機の中で書くのがベター。

 

カナダワーホリの入国審査は英語力ゼロでも大丈夫?流れも解説

結論、英語力がなくても大丈夫です。

 

私は「Hello」しか言えないレベルで行きましたが、入国審査を突破した実績があります。←

 

そんな英語力で、ドキドキの入国審査の幕開け…!

 

まずは入国ゲートに向かって必要なものを用意

入国ゲートとトランジット(乗り換え)ゲートの2つを間違えないように、「immigration」や「arrival」の文字を目標に進みます。

大体の人は入国なので、人混みに流されればほぼ間違いなし笑。

 

渡航前に用意してある、

  • パスポート
  • ワーホリビザ許可証
  • 入学許可証(学校に通う人)
  • 税関申告書

以上の4点を用意して順番待ち。

念のため、帰国用チケットや海外保険証など持参した書類があれば用意しておくとスムーズ。

 

そして、

 

「NEXT!」

 

この合図があったら、いよいよ自分の番です!

 

入国審査で聞かれる内容

基本的にはこちらの通り。(その他聞かれることも)

  • 滞在先
  • 滞在期間
  • 滞在目的

 

私は英語力ゼロだったため、入国審査官が言っていた内容は全てわかりませんでした…!笑

 

だけどただひたすら、

 

「YES」

 

と返答していたら、入国審査が終わっていました。笑

 

多分書類を見たら全部わかるから、「ここに行くんだね?」→「YES」みたいな返答になっていたんだと思います。(そう思いたい)

 

でも英語がわからず適当に「YES」とだけ答えていたら別室行き…!なんて話もあるので、入国審査に使えるフレーズは覚えておきたいところ。

 

しかし問題なのは、空港ゲート内はネットが繋がらないということ…!スマホが使えません。

 

その対策に1冊はトラベル本も持ち合わせておくと便利。

「バイリンガールちか」さんのトラベル英会話は、海外初心者向なのでとってもわかりやすいです。

 

海外スマホ事情はこちらの記事からもチェックできます。

 

トロント・ピアソン国際空港の入国審査方法はアナログ

これまでに話した方法は従来のやり方。

「ビリー・ビショップ・トロント・シティー空港」だと税関申告書の記載の代わりに、空港内に設置された専用端末機(Kiosk)を利用します。

①操作言語を選択してパスポートの写真付きページをスキャン
②顔写真を撮影
③画面上の税関申告書に入力
④印刷された申告書をスタッフに提出する

 

この後に入国審査の流れになります。

 

NYに旅行の際などに使う空港なので、このやり方も頭の片隅に入れておくと◎ また、バンクーバーもこれと同じです。

 

カナダワーホリビザを移民局(イミグレーション)で受け取ろう

パスポートの上を歩くフィギュア

カナダ入国審査が通ったら、お次は「移民局(イミグレーション)」へ向かいます。(※荷物のピックアップ前)

 

パスポートとワーホリビザ許可証を提出すると、カナダワーホリビザをすぐに発行してもらえるので、以下を確認しましょう。

  • 名前に間違いはないか
  • ワーホリ期間が1年間か

 

間違いがあったらここで訂正してもらえます。

 

私の場合、6月に来たのに2ヶ月先の8月5日までの期限に…!?

 

カナダワーホリビザの期間を1年+2ヶ月を手に入れた裏技

ワーホリビザの期間を延長

通常1年しかワーホリビザは発給されないことは知っていたので、期間が増していることに恐怖。

 

「これは何かの間違いです!」と言いたいけど英語がわからず、1枚1枚カレンダーをめくって「ほら、14枚めくるから12ヶ月以上でしょ?」とアピール。

 

ねこやん3
No, No, No! 

と笑顔で連呼するお兄さん。さらに恐怖がこみ上げる。

 

ねこやん3
Good luck with your school and work!

…そんな英語が聞き取れた気がします。笑

とりあえずありがたく受け取りました。

 

期間を短く発給されるトラブルもある中、延長されたので「まぁ、いっか」とスルー。

 

ですが、これには条件がありました!

 

カナダワーホリビザの期間を延長できたのは、税関申告書が鍵

カナダの税関申告書(Declaration Card)の見本

エージェントに聞いたところ、「ワーホリ期間を延長した事例は聞いたことがない」とのことで…笑。

 

そんな中トロントに長く在住していた先輩によると、

 

「税関申告書の旅行目的に、学校と仕事の両方にチェックしたらプラスで最大3ヶ月もらえるんだよ」

とのこと。(画像の項目12番目です)

 

実際に私は画像の通り、「Study」と「Business」の両方チェックを入れていました。

 

学校に通う長さ、でプラスされる期間も変わるのかもしれません。

 

100%な情報ではありませんが、2つにチェックする価値はありますね!(実際に私が実証しているため)

 

詳しくは現地の留学エージェント(カナダ現地留学エージェントの【カナダジャーナル】)など、無料相談を利用して確認してみてくださいね。

 

カナダワーホリビザの申請が一通り終わったら、SINナンバー申請へ

みんなスルーしがちだから要注意!

トロントで働くのに必要なSINナンバーは、空港(移民局内)で取得できます!

一度外にでたら戻れないから、忘れずに空港で申請しましょう!

 

トロント市内各所でも取得はできるけど、経験上いつも混みあっていたので、空港でまとめて取る方が絶対に楽です。

 

ちなみに空港以外でSINナンバーを取得する際に、混雑を避けたいなら「ローレンス・アレン・センター」がおすすめです!>>詳細の記事へ

 

まとめ:カナダワーホリの入国審査での心得

カナダの空港のターミナル

必要最低限な心得はこちら。

  • 必要な持ち物を手荷物で用意
  • 入国審査対策の英会話を勉強
  • SINナンバーを申請する

 

続いて、やっておくべき心得はこちら。

  • 結論①:入国審査はどうにかなるけど、ちゃんと英語の勉強してから行こう
  • 結論②:税関申告書の旅行目的欄「Study」と「Business」の両方にチェックして、ワーホリビザの期間を延長しよう

 

英会話ができれば、その場で「ワーホリビザの期間が延長された理由」がわかったからです。

 

英語力よりも英会話力が必須となるので、「DMM英会話」のトラベル教材で慣らしておくとすぐ実践できますよ。

【無料体験あり】英語初心者がDMM英会話で上達した6つの理由
【英語初心者が体験】DMM英会話で話せるようになる【6つの理由】

続きを見る

 

ネイティブキャンプが気になる方は、こちらの記事もどうぞ。

ネイティブキャンプ(NativeCamp.)はメリットより【デメリット多め?】初心者が体験。オンライン英会話
メリットより【デメリット多め?】ネイティブキャンプを初心者が体験

続きを見る

 

飛行機内ではトラブルはなかったけど、おりてからは緊張の嵐だったカナダの入国審査。

 

ゲートを出て荷物を受け取りにいったら、私のキャリーケースだけが取り残されていました。

どれだけ時間かかったかと言うと、なんと2時間くらい!

 

飛行機からおりたら素早く入国審査に向かうのが吉。通路側の席が素早く出るのも、お手洗いに行くのにも良いですね。

 

ちなみにカナダ現地での飛行機はエクスペディアを利用していました。エージェントを経由しない方は大手で取った方が安心です。

参考エクスペディアで航空券を探す

 

エージェントの利用を検討している場合は、合わせてこちらの記事もどうぞ。

【重要】カナダワーホリでエージェントが必須な9つの理由と選び方

続きを見る

 

*カナミん
・ツイッター:@kanaaamiii
・インスタ:@kanammnn

 

カナダワーホリ記事一覧へ

 

トップへ戻る

-カナダワーホリ
-,

© 2021 ひきこもりの留学と転職 Powered by AFFINGER5