【退職代行で後悔しない!】口コミや使うべき人を転職40回が解説

2021-01-17

【徹底解説】退職代行サービスを使うと後悔する?その実態とは
ねこやん8

退職しますって言う勇気も、退職代行を使う勇気もない…。

退職代行は使うべき人と、そうでない人に分かれるからね。でも、あなたは「使うべき人」だよ!

カナミ

こんにちは、40回転職中のカナミです。


「退職します!」と言うのは、かなり精神をすり減らしますよね。上司にアポを取り、重い空気で退職話…。上司の反応をも怖い…。。

カナミ

私はその地獄の思いを、40回してきました。(狂ってる)


その経験を踏まえて、退職代行を使うと後悔するのかをメインに、以下について解説。

この記事でわかること

  • 退職代行利用者の口コミ
  • 退職代行を使うと後悔する?
  • 退職代行のメリットデメリット
  • 退職代行を利用すべき人とは
  • おすすめ&安心の退職代行サービス

結論、退職代行サービスは「転職したいけど踏み出せない…」と悩んでいる人は使うべき。


あなたが退職代行の利用で迷っているのなら、本記事を読み終えた頃には気持ちが固まり、どのように退職するか答えが見つかりますよ。

カナミ

後半では、口コミを多めに紹介。先に見たい方は、目次からタップしてね!

退職代行は弁護士などが代わりに退職手続きをしてくれるサービス

後ろを振り返る男性

簡単に「退職代行サービス」を説明すると、以下の通り。

名前のとおり、退職を代行するサービスではあるが、交渉は一切行わず、あくまでも退職の連絡の仲介のみを行うものがほとんどである。交渉を行わない理由は弁護士法72条により、弁護士以外が法律事務を行うことは非弁行為に抵触する恐れがあるためである。

退職代行サービスは大きく弁護士、労働組合、それ以外が行うものの3つに分類される。この3つは基本的に退職の意思を会社に伝えることに変わりはないが、弁護士や労働組合が行う退職代行サービスではこれとは別に会社との交渉が法律によって認められている。会社と交渉できることによって、有給休暇消化の申請、退職金の支払い請求、未払い給与や残業代の支払い請求、退職日の設定など行うことができる。

引用:ウィキペディア

ポイント

  • 退職代行サービスは、弁護士、労働組合、民間業者の3分類
  • 退職代行サービスのほとんどは交渉を一切行わない
  • しかし、弁護士や労働組合は会社との交渉を法律で認められている=退職金の支払い等得られるものがあるかもしれない

これだけ見るとメリットを大きく感じとれますが、果たしてどうなのか…。


早速、退職代行サービスのメリットとデメリットを、それぞれ3つずつ解説します。


退職代行サービスを利用するメリット

高層ビルを眺める女性

退職代行サービスは、調べれば調べるほど、実は魅力的です。


その理由を3つご紹介します。

①上司や社員に伝えず楽に退職ができる

「退職します」とやっとの思い出伝えたのに、上司に怒られたり、退職を止められたら嫌ですよね…。


だから、退職代行を利用すれば、NOストレス。


以下のようなストレスを抱えていたら、退職代行を利用する方が吉。

・上司にアポを取りづらい
・退職話の緊張感で憂鬱
・話し合いで退職できる可能性が低い
・退職までの期間に気まずさを感じながら仕事に取り組むのがつらい


「退職代行サービス」を利用すると、上記の憂鬱さはゼロ。


退職代行サービスの人が代理でやってくれるので、心配ありません。

②退職理由はなんでもOK

ねこやん4

合わないから辞めたいけど、理由が浅いし退職できるのか…。

ブラック企業だから退職理由を上司に言うのは気まずいし、余計被害にあいそう…。

ねこやん5

退職理由を考えるのにも一苦労。納得させられないと辞めづらいケースもありますからね。。


だから転職代行サービスは、ありがたいんです。退職理由すら気にしなくて良いから。


退職理由なんて考えることなく、スパッと辞められちゃうのもメリットの1つ!

③即日退職なのに得られるものもある

労働組合や弁護士の退職代行サービスは、会社との交渉を法律で認められているので、通常の退職より得られるものがあります。

退職代行を利用して得られるもの

・退職金

・残業代

・未払い給与

・有給休暇消化 …etc

割と有給休暇などは、普通に退職すると蔑ろにされたりしますよね…。


それを代わりに交渉してくれるのは、退職代行の大きなメリット。


あと、即日退職は最強です。普通は残りの1ヶ月くらい働くのが精神的につらいですが、それもゼロなんです。

カナミ

私は40回の転職で、退職が決まってから残りの出社期間が1番憂鬱でした。女の職場のときはいじめられたり。。

>>【人間関係】女性の職場で孤立したら終わり【転職体験談vol.8】

退職代行サービスを利用するデメリット【後悔するかも】

仕事で疲れている人

メリットが大きい退職代行ですが、人によってはデメリットも強く感じるかもしれません。


3つのデメリットを見ていきましょう。

①社会的な信頼を失って後悔する

会社へ自ら相談せずに即日退職ができるのが退職代行なので、信頼は当然失われますよね。

ねこやん6

退職するんだからよくない?

この気持ちもわかりますが、、、


もしあなたが同じ業界や最寄駅で転職などをした場合、世間は案外狭いので、新しく活動する場所でも影響を受けるかもしれません。


たくさん時間をかけて得られた信頼は、一瞬で消えてしまうのです。

カナミ

40回転職した私は、今のところそういう経験はなし。ただ、同じ業界ばかりだと、選択の幅は狭くなりますね。

②逆鱗に触れて後悔することになるかもしれない

知人の会社で退職代行サービスを利用した先輩の話ですが、社長が「次会ったらただじゃ済ませないからな!」とか激怒だったそうで…。

・社長が異常な人だった
・退職側も返却物対応が疎かだった


上記の要因もありますが、後悔することにならないようしないと後々面倒くさいです。

ねこやん5

でもこんな上司だったら、逆に退職代行を使わないと逃げられそうにないね…。

後悔しない退職代行の選び方は、後述します!

カナミ


「退職代行」⇄「会社」で全てが解決するように、退職代行サービスにはしっかり相談&対応してもらうべきです。(そうなると弁護士法人が行っているサービスが1番安心できそう)

③自分自身から逃げることや罪悪感で後悔する

「退職代行=逃げ」という暗黙の方程式。


一度逃げたら、次も間違いなく逃げる道を選ぶことになります。


私が40回も転職をしているのに退職代行を使わなかったのは、ぶっちゃけ退職代行の存在しなかった高校時代から退職しまくり、良くも悪くも「退職を伝えることに慣れていた」から。

カナミ

退職代行が世に出回ってからは使いたいときもありましたが、慣れで突破できただけです。。


でも一人一人の状況や性格、立場によって、退職代行を使う状況は変わってきますよね。

退職代行サービスを利用しても後悔しない人の条件

あ〜退職したい…、 でも言えない…。

メリット・デメリットを踏まえて、以下に当てはまる人は退職代行を利用するべきだなと思ったポイントがこちら。

退職代行を利用するべき人

・会社に行くのがしんどい人
・会社でいじめられている人
・会社の人間関係が絶望的な人
・休日も会社の要因で憂鬱な人
・休日も休まった感じがしない人
・上司が退職を承諾してくれない

この状況下でも自分の力で退職を伝えられる人もいますが、1経験者としてわかることは、「とにかくしんどい」です。


退職理由を考えるだけで憂鬱だし、上司はこれを聞き入れてくれるかなとか、退職の憂鬱が付きまとって休日も休めやしない…。


すでに会社がしんどいのに、退職周りの不安だとかで悩んでいては精神が持ちません。


時には「逃げる」ことも、必要なんです。

退職代行サービスに対する口コミ【後悔はなし】

実際に退職代行サービスを利用する人は多いのか、利用後に後悔はしないのか? など、口コミをリサーチしてみました。

退職代行を利用している人が多い事実


まず目立ったのが、意外とたくさんの方が退職代行サービスを使っているという事実。


そして、意外と利用していない人でも肯定的な意見が多いということ。

退職代行の利用を検討している人も常に多い

退職代行を今すぐにでも使いたいという口コミが、たくさんありました。


確かに、退職したいと思ったタイミングって、すでにしんどいことが多いですもんね。。

カナミ

悩み続けてつらい思いをするなら、早めに退職代行の利用を検討しても良いですね。

ブラック企業から退職代行のおかげで後悔なく退職


退職は職場環境によっては本当に大変。。だからこそ、利用することで気持ちがとても楽になる意見がよく見られました。

退職代行を利用して憂鬱にならず退職


退職代行を利用することで、円満退職に至るケースも。


そもそも辞めると言いづらいのだから、こちらとしてはメリットしかないですよね。

退職代行を推奨する人が増えている

ほとんどの方が退職代行を推奨!


使われた側は、「一言いって欲しかった」という声もありましたが、言えないから退職代行を使うんですもんね…。

カナミ

身も心も限界なら、今すぐ辞めるべき。


退職代行サービスの利用は「一種の逃げ」として後悔するものかと思いましたが、満足した口コミが多いのに驚きました。


それほど退職に悩んでいるということ。。

後悔しない退職代行サービスを紹介

望遠鏡を覗く子ども

退職代行サービスの流れ

  1. 電話やLINEで退職代行に相談
  2. 担当者との打ち合わせ
  3. 費用の振込み
  4. 退職手続き

退職までの流れはとてもシンプル。


そして、「弁護士」や「労働組合」が運営している退職代行サービスを利用しましょう。


理由は、会社と交渉する権利があるから、また民間業者(企業)だと、違法になる可能性もあるから…!汗


そこで民間業者を外して、安心して利用できる退職代行4社を比較してみました。

退職代行ガーディアン退職110番弁護士法人みやび
料金一律29,800円一律43,800円 一律55,000円
分類労働組合弁護士法人弁護士法人
対応領域全国全国全国
返金制度保証なし全額返金保証なし
無料相談あり(LINE)あり(HP)あり(LINE)
2021年7月現在

ポイント

・労働組合は弁護士に比べると安い
・弁護士法人は1番確実で安心感あり
・退職できなかった場合(基本なし)の返金保証制度は強い


私がもし利用するなら、こんな感じで選びます↓

選ぶポイント退職代行サービス
退職する会社が厄介ではなく安さ重視退職代行ガーディアン
一律料金&返金保証ありで弁護士に依頼退職110番
退職代行サービス大手に安心して依頼弁護士法人みやび


安く済ませるか、弁護士対応で安心して任せるか、というのを退職する会社基準で選びます。

ねこやん2

値段も大事だけど、安心して任せられるか?というのが選ぶポイントだよ。


退職代行の大手は「弁護士法人みやび」。大手の方がより安心できる!という方におすすめ◎


退職代行の詳しいサービス内容はこちら。
>>【退職率100%】退職代行NEXTの評判は?口コミや手順を解説

まとめ:退職代行サービスは後悔のない転職に繋げてくれる

新卒栄養士のときなら退職代行を使っていたかもしれません。「使うべき人」にほとんど当てはまっており、病んでいたので…。


▼そんな新卒時代の記事はこちら

>>【限界】栄養士の仕事が辛いなら転職しよう【転職体験談vol.3】

最近では思った以上に退職代行サービスに肯定的で、今の仕事から早く開放してくれます。


円満退職って、退職代行サービスを使っても使わなくても、基本的にはありません。辞め方に正解もありません。

カナミ

退職をせず「後悔」し、あなたが精神的に参っているのなら、退職代行を使ってストレスを抱えず次に進んでほしいです…!


それでも一歩踏み出せなければ、こちらの記事もぜひ読んでみてください。

>>「転職活動しんどい」を楽にする6ステップ【39回転職した私が解説】




>>まだ転職の決断がつかないの?仕事は逃げるが勝ちな理由3つ
まだ転職の決断がつかないの?仕事は逃げるが勝ちな理由3つ
まだ転職の決断がつかないの?【仕事は逃げるが勝ちな理由3つ】

続きを見る


退職が決まったら、失敗しない転職にするために転職エージェントを使いましょう。

>>【未経験OK】おすすめ転職エージェント10選!40回転職した私が解説




あなたの退職が無事に終えることを、陰ながら祈っております。同じ転職仲間として…!

トップへ戻る

-転職活動
-,

© 2021 ひきこもりの留学と転職 Powered by AFFINGER5