トロントワーホリ【TTC】乗り方や料金は?地下鉄、バス、ストリートカーのメリットデメリット

カナダワーホリ

トロントワーホリ【TTC】乗り方や料金!地下鉄、バス、路面電車

2020-03-07

ねこやん2
トロントの交通機関って、どう使えばいいんや? 何があるんや?

 

交通機関は超重要! ということで、ワーホリ&留学生は必須のトロントの交通機関「TTC」いつてご紹介します。

 

この記事を読むことで、TTCの乗り方や料金、メリットデメリットなどがわかります◎

家探しや学校探しにも役立ててくださいね。

 

目次

トロント「TTC」ってなに?

トロントの交通機関「TTC」

TTCとは、「Toronto Transit Commission」という会社の名前の略称。

その会社が運営している、「地下鉄」「路面電車」「バス」の3つは全てTTCと呼びます。山手線をJRと言うのと同じですね。

 

そんなTTCの種類は大きく分けて3種類。

  • 路面電車 → ストリートカー
  • 地下鉄 → サブウェイ
  • バス → バス(だよね)

トロントでは主にこれらを使って移動することになります。

 

トロントTTCの料金と乗り方について

ブタの貯金箱

TTCの良いところは、一律料金ということ。端から端の駅に行っても同じ値段。

 

また、バスからサブウェイなど、同じTTC間で2時間以内の乗り換えであれば、追加料金は不要!

 

そんなトロントのTTCに乗るのに必要な料金やアイテムがこちら。

  • 現金:3ドル25セント(お釣りはなし)
  • PRESTOカード:チャージ式(1回あたり一律3ドル)

現金は、そのまま係員の目の前のBOXにIN。

PRESTOカードは、チャージしてSuicaのように使用します。

 

たったこれだけ。海外&英語初心者の私でも簡単に扱えました。

 

TTCの料金とプレストカードについて、掘り下げていきます。

 

現金での支払いとトランスファーについて

3ドル25セントをBOXに入れたら、そのまま改札がスルーできる仕組み。

 

現金で支払いをするときは、必ず乗り換えの際にトランスファーチケットをGETすること!

 

地下鉄+乗り換えでバス(2時間以内)=3ドル25セントのところ、トランスファーチケットがないと通常料金が加算されて2倍の6ドル50セントになってしまいます。

 

サブウェイでは改札付近の赤い発券機、ストリートカーは真ん中の車両あたり、バスでは運転手に声をかけたらもらえます。

再度TTCを利用したいときは、係の人に定時すればOKです。

 

PRESTOカードは、カード内で記憶されてるのでトランスファーチケットは不要です。乗り換えの際には、ピッとかざすだけ◎

ねこやん3
楽ちんだね!

 

プレストカードについて

(参考:PRESTOカードの買い方)

PRESTOカードの購入は、駅にある自動発券機で簡単に購入できます◎ 画面の案内に従って購入したり、チャージするだけ。

カード自体の購入は6ドル。

 

そんなプレストカードの定期購入タイプは2種類。

  • 12-Month Pass:1年契約で割引料金にて購入可能
  • Monthly Pass:月ごとに購入。大体みんなコレ。

PRESTOカードは1ヶ月間の定期購入ができるのですが、何日に買ってもスタートは月初からなんです!

そのため月末か月初に必ず購入しておきましょう!

 

【例】
・1月5日に今月分のPRESTOカード購入→開始日:1月1日から

 

購入が遅ければ遅いほど損してしまうので、今月はどれくらいTTCを利用するか、計算してからの購入がおすすめ。

ねこやん2
月末に翌月分購入していれば、月初にMonthly Passの購入をうっかり忘れてチャージ分が引かれちゃった…なんて心配もなし!

 

(参考:PRESTOカードの使い方)

※トークンは2019年に販売終了。PRESTOカードか現金でTTCを利用しましょう!

 

PRESTOカードは、TTC以外のトロント市内の別会社でも使用できちゃう便利なカード(2019年に経験)。

現金は面倒な上に損もしちゃうので、ここは楽で安いPRESTOカード一択です

トロントTTCを使いこなそう!

前半でお話した通り、TTCはサブウェイ、ストリートカー、バスの三本柱。

 

それぞれの特徴や、メリットデメリットを解説します。

 

どれが1番自分に合っているか? というのを考えながら読み進めて、家探しやバイト探しのヒントにもしてみてください。

 

トロントTTCその①:サブウェイについて

トロントの地下鉄

地下鉄サブウェイ。他の国で「I wanna go to subway.」なんて言ったら、サンドイッチのサブウェイに連れて行かれるので気をつけてくださいね。

ねこやん3
ちなみにロンドンではTubeって言うよ。

地下鉄と言っても地上に出るし、ホームが地上のところもあります。

 

サブウェイのメリット

メリット

  1. 空いてる
  2. Wi-Fiがある
  3. 大幅遅延は少なめ
  4. 天候の影響少なめ
  5. コンスタントに電車がくる
  6. 屋根がついてる、あったかい

1)空いてる

純粋に神です。満員電車ほど命がすり減るものはないと思っています( ˙-˙ )

しかし、トロントでは無縁の生活が送れます。ラッシュの時間も満員電車に乗ったことありませんし、それ以外の時間は大体座れます。

トロントに戻りたい笑。

 

2)Wi-Fiがある

地下鉄内では全然ネットに繋がりません。無料のWi-Fiがあるのは助かりますね。

 

3)大幅遅延は少なめ

ストリートカーやバスはちょっとでも道が混雑するとめーっちゃ遅れます…。

それに比べたら、サブウェイの遅延はほぼないと言ってもOK。

 

4)天候の影響少なめ

地上に出る場所はあるけれど、ずーっと外を走っている他2つに比べたら、全然マシでした!

 

5)コンスタントに電車がくる

山手線が3分に一本くるのと同じように、コンスタントに来ている感覚。

「10分以上待っても来ないよ?!」ということは、意外と少なかったです。時刻表がないので、そのうち気にしなくなります笑。

 

6)屋根がついてる、あったかい

冬の長い雪国トロントでは1番の重要項目かもしれません。

−20度にもなる真冬に外で交通機関を待つなんて…それだけで凍えて雪だるまに。真冬に焦点を当てて行動するのがベター。

 

サブウェイのデメリット

デメリット

  1. Wi-Fiにつながらない
  2. サブウェイで行ける場所が限られすぎ

1)Wi-Fiがつながらない

せっかくWi-Fiあるのに…笑。メリットでありデメリットなんです。今は改善されていることを願います!

ちなみに、一回あたり1〜2時間使用できたかと思います。

 

2)サブウェイで行ける場所が限られすぎ

このMAPの赤ライン以外がサブウェイ(赤はストリートカー)。黄色が主にダウンタウンを走るイエローラインです。

 

広い街なのに、黄、緑、青、紫の4路線のみ。

しかも使うのはほとんどイエローライン、時々グリーンラインという感じで、サブウェイだけでは移動のカバーができません。(駅近物件は多くはない&高い。)

ねこやん5
トロントでは地下鉄内に自転車と一緒に乗車する人が多い! だから、サブウェイ×チャリ通は当たり前なのかな。

 

トロントTTCその②:ストリートカーについて

ストリートカーは揺れるものかと思っていましたが、そうでもない!

車酔いしてしまう私ですが、ストリートカーは大丈夫でした◎ そして車内は結構広い&長いです!

 

ストリートカーのメリット

メリット

  1. 空いてる
  2. ネットが繋がる
  3. 景色が楽しい&気持ちいい

1)空いてる

広いからか、比較的空いていますね! チャイナタウン周辺はいつも混んでいた気がしますが…。

 

2)ネットが繋がる

サブウェイが主要となると、これは凄く大きい!

ネットの重要性がわかる、こちらの記事も参考にしてみてください。

【留学スマホ】どうする? 海外スマホ費用やSIM、必需品を紹介
【留学スマホ】どうする? 海外スマホ費用やSIM、必需品を紹介

続きを見る

 

3)景色が楽しい&気持ちいい

バスからの景色もいいのですが、揺れの少ないストリートカーからゆったりと眺める景色は最高です。

 

ストリートカーのデメリット

デメリット

  1. 全然来ない
  2. 乗車の難易度が高め

1)全然来ない

遅すぎる笑。交通渋滞にハマりがち。サブウェイで30分で行ける場所がストリートカーだと1時間以上…なんてことは日常茶飯事。

また、屋根付きではない停留所も多いので、折り畳み傘が手放せません。

 

2)乗車の難易度が高め

停留所が真ん中にあったり、歩道に停留所があるのに停車位置は車道の真ん中だったり…笑。

渋滞しているときは、停留所の手前でも外付けの丸いボタンを押せば乗車できました(停車していたら乗れるものなのかも?笑)。

 

そのままスルーされたこともよくありました笑。乗車アピール必須です。

カナミん
ストリートカーが1km圏内に入ったら見つめる作戦をとっていたけど、効果はいまひとつ。
スルーされても仕方ないかーって、カナダに慣れると心が緩くなるからいいけどね〜。
ねこやん2
ねこやん3
降りるときは車内のボタンを押して降車アピールするんだよ〜、バスも同様にね!日本と同じや。

 

トロントTTCその③:バスについて

トロントは、徒歩5〜10分間隔でバス停にたどり着けるほど、バス文化です。

バスはどこにでも行けるのが良いですね〜。

 

バスのメリット

メリット

  1. 車内の一体感
  2. ネットが繋がる
  3. バス停が多い

1)車内の一体感

これを味わえるのは、バスが多いです。

面識のない乗客同士や、運転手との他愛の無い会話、スクール帰りの子どもグループの元気な会話…。

バスはローカル感が強めで、すごくあたたかかった。そして、みんな会話がだいすき!

 

2)ネットが繋がる

ストリートカー同様。これに限ってはサブウェイがミジンコに思えます。

 

3)バス停が多い

真冬の厳しさだと、10分以上先のバス停に行くのも困難なことから、バス停が多いのだそう。

そのため家の近くには、基本的にバス停があるもの。

ねこやん3
トロントはバスの乗り継ぎだけで、いろんなところに行けちゃうよ〜!
バスの進行方向外側にチャリを乗せることも可能で、バス×チャリ通もできるよ。多分、先着一名様だけど。
ねこやん2

 

バスのデメリット

デメリット

  1. 揺れすぎる
  2. バスによってはすごい混んでいる
  3. 全然来ないし、たまにバスの神隠しがおきる

1)揺れすぎる

日本のバスと大きな差はないかなーと思ったけど、それよか揺れる気が…。バスで体幹が鍛えらます。

 

2)バスによってはすごい混んでいる

サブウェイやストリートカーでも言えることかもしれませんが、私は特にバスで混雑を感じました。

ついでに、バス車内は汚いことが多い笑。

 

3)全然来ないし、バス停に屋根ないし、たまにバスの神隠しがおきる

天井のないバス停で雨に打たれながら、20分〜待つのはよくあること。その上、バスは神隠しがおきる。

バスはアプリ等で時刻や所在地などを随時把握できるのですが、急にバスのGPSが消える現象が多く、来ないのです。

私の運や使っているバスが悪かっただけかもしれないので、とりあえずバスは遅延するものと思っていてください。

 

トロントのバスの時刻がわかる神アプリ

Rocketmanというバスに特化した無料アプリ。

バス停や、次のバスが約何分後に来るのかを教えてれるので、Google先生よりおすすめです!

 

トロントワーホリでTTCは必須!

それぞれTTCの乗り方などについて解説していきましたが、イメージはわきましたか?

 

交通機関は、バイト先や学校よりも住む家を中心にして選ぶべきです。やっぱりサブウェイが最寄り駅は最強ですね。

 

こちらの記事も合わせてどうぞ◎

カナダ・ワーホリ 【エージェントは必要ない?】 選び方や費用を解説
カナダ・ワーホリ【エージェントは必要ない?】体験より解説

続きを見る

ワーホリで語学学校に通って、英語はのびるの?
ワーホリ【語学学校で英語はのびる?】→ぶっちゃけ伸びない

続きを見る

 

 

カナダワーホリの記事一覧へ

 

トップへ戻る

 

-カナダワーホリ
-

© 2020 ひきこもりの留学と転職 Powered by AFFINGER5