アラサー×フリーター×独身×女性=これからの生き方とは?

2020-08-16

29歳、独身、女性、フリーター。ー これからの生き方 ー

どうも、一般人のカナミです。

「アラサー、フリーター、独身、女性」って聞いて、あなたはどう思いますか?

ねこやん2
…やばっ。

と思う方が多いような現代社会。

そんな中でも私の意見としては、「年齢」も「働き方」も、カンケーない。「自由でいいじゃん」です。

この記事を読むことであなたの「生きる考え方」を、少しでも広げるお手伝いをします。

もし転職に悩んでいる場合は、以下のリンクでおすすめ&女性転職に特化した転職エージェントをご紹介しています*
>>【未経験OK】おすすめ転職エージェント10選!40回転職した私が解説

【未経験OK】おすすめ転職エージェント10選!40回転職した私が解説
【未経験OK】おすすめ転職エージェント11選!40回転職した私が解説

続きを見る

アラサー、フリーター、独身、女性が、焦るのも未来を止めているのも理由は大体「結婚」

退屈そうな女性

アラサーで独身だろうがフリーターだろうが、焦る必要はない。

しかし今まで出会ってきたアラサーの方々、特に女性はフリーターだろうが正社員だろうが、関係なしに焦っていた。

なぜ焦るのか、答えは簡単で、「世間が焦らせている」、または「本人が勝手に焦ってる」から。

この年齢で女性は結婚するものだという、謎の常識みたいなのがあるから。

女性は結婚がゴールなの?

結婚式を飛び出して靴を脱ぎ捨てた花嫁

「結婚をゴールにする女性が多い」という件。

私もそうでした、25〜26歳くらいまでは。周りがそうだったから。

だからその時までの周りの友達も、「結婚結婚」と呪われてるかのごとく話していました。

でも徐々に、そういった話がどんどんつまらなくなっていった。

なぜなら、その「結婚」という呪縛ワードのせいで、行動に移せない人があまりにも多かったから。

友「今の彼氏と結婚しても幸せになれなそう…」

私「それなら別れたら?」

友「でも、今別れてまた誰かと1から付き合ったら、結婚が遠ざかるから無理」

友「アパレルやりたいな〜」

私「じゃあやってみようよ」

友「でも、土日休みじゃなくなったら結婚した時に難しいしね〜」

友「は〜早く結婚したいな〜」

私「どうして?」

友「だって、早く結婚して仕事辞めて楽になりたいんだもん」

結婚を理由に未来を止めないで

最初は私もそうだったかもしれないけど、「結婚」に関連する考え方はキッパリ辞めました。

だって、その思考から何も生まれないから。

「好きな人と付き合いたい」のではなく、「彼氏がほしい」も同じ。…癒しや娯楽を他人に求めているというか。

それを否定するなんてことは一切なくて、単純にその思考が自分の時間をとめているな、と気づいただけです。

カナミ
こういった気持ちのものは、自由にコントロールできるものじゃないから。

アラサーのフリーター独身女性だって、自分らしく生きていい

アイスを食べる女性

世の中の目、気にしちゃダメです。

といっても気にしちゃいますよね、私も相当の気にしぃですからわかります笑。

でもね、気にしてちゃ先に進めないのです。というよりは、「気にさせちゃう」人たちを避けていくのが正解。

だから、合わないな〜とか、嫌なこと言ってくるな〜と思ったら、その人から少し距離をおけば良い。

そうすることで、自分に自信を取り戻すことができるし、周りに左右されることが減るから。

そして、自分の好きなように生きていけばいいのです。

今後はどう生きていくべきか

私も、25歳くらいまでの予定では、結婚していると思っていました笑。

そんな私を変えてくれたキッカケが、間違いなく「カナダワーホリ」なんです。

渡航したのは27歳の6月。渡航すると決めたのは、26歳の春。

「カナダに行く」と決めていたから、26歳の春夏あたりから「結婚」と言う2文字は消え去っていました。

意味のない飲み会も、「時間とお金の無駄」とすら思い、末期な状態であり当然の結果笑。

そう思えたのも全て「行ってみてわかったこと」なので、ある意味収穫はあった訳ですが…

それはさておき、今後の生き方について。

①「会社に属さない」を本格的に

「会社に属さない」、この考えに至ったのは、26歳の春に会社をやめた時。

広報業務にて始めて社長の近くで仕事をして思ったことがたくさんあり。。詳しくはこちらの記事で。

当たり前だけど、会社は社長の会社なのだ。いくら私が的確な意見をしたところで、社長が「NO」といえば「NO」なのだ。

人事の人にも同じようなことを言われて、

「社長の会社なんだから、社長のルールになるのは理不尽だとしても仕方のないこと」

純粋に納得した。確かにそうだ。

だから「会社は合わない」と理解した。もう会社には属さないと。せめて、「正社員にはもう2度とならない」と。

>>【残念】正社員にこだわることに未来はない。転職で今やるべきこと

正社員にこだわることに未来はない。 転職で今やるべきこと
【残念】正社員にこだわることに未来はない。転職で今やるべきこと

続きを見る

経験したい仕事だったから、働けたことはとても良かったと思ってる。

ただ、会社という組織が合わなかった。楽しいこともあるし、会社が嫌いなわけではない。

ただ、自由に働きたいんだと。

これと決めたわけではないけれど、「会社に属さない」…、「フリーランスになろう」と決意が強まった。

②ほんのちょっとのきっかけで世界は変わる

働くこと…転職に疲れていた私は、思い切ってカナダワーホリを決断。

英語も全然話せない、学生の頃の成績はオール2だった。そんなやつがカナダにふらっとワーホリに行って、世界観がガラッと変わったのだ。

挑戦に、アラサーだとか年齢は関係ないということを感じたワーホリ。

…長くなるのでざっくりとした紹介だけど、とにかく衝撃的だった。今となっては「海外に移住して働いてみたい」という夢がある。

私の未来はどうなるのか固めてもいない曖昧なものだけど、その未来に今を託してもいいのではないか? と思った。

あなたも何か挑戦したいことがあるなら、アラサーだとか、独身だとか、気にすることって、なんだかしょうもなく感じてきませんか?

最後に:アラサー、フリーター、独身、女性でも、気にせず自分の好きなように生きよう


答えはいつだって一緒、「自分らしく、自由に生きる」、ただそれだけです。

今「やりたいこと」リストを考えて、書き出してみましょう。

私はこんな感じです。

  • フリーランスのライターになる
  • YouTube配信×動画編集学習
  • アイルランドに留学
  • 終わりなき英語学習

世間的には、アラサーでフリーターで独身の女で、こんなの夢物語だと思われそう。

でも、何もかもまず「やってみること」だなと。

働く女性は美しい

自分がどうしていきたいか見つめ直してみてください。

どんな働き方でも、独身だろうがアラサーだとしても、それにやりがいを持って働いているならあなたは美しいです。

フリーターでも何でもいい。今やりたいことに突き進みましょう!

以下参考になる記事を集めたので、気になるところに飛んでみてください。

フリーター自体を脱出したいなら、私は派遣をおすすめします。その詳細についてはこちら↓

>>【実は正社員より派遣が良い?!】元派遣がメリットデメリット解説

【実は正社員より良いかも】 元派遣社員が派遣のメリットデメリット解説
【実は正社員より派遣が良い?!】元派遣がメリットデメリット解説

続きを見る

「フリーターを脱出して正社員になりたい」なら、女性転職に強いパソナキャリアを以下の記事でチェック。

>>パソナキャリア転職エージェント比較

【比較】doda&パソナキャリア&ビズリーチ【どこを選べばいい?】
【もう迷わない】doda&パソナキャリア&ビズリーチ【比較結果】

続きを見る

「今の仕事から抜け出して、やりたいことやりたい!」なら、逃げるが勝ちしましょう。

>>まだ転職の決断がつかないの?仕事は逃げるが勝ちな理由3つ

まだ転職の決断がつかないの?仕事は逃げるが勝ちな理由3つ
まだ転職の決断がつかないの?【仕事は逃げるが勝ちな理由3つ】

続きを見る

年齢なんて、関係ない。周りのマイナス意見も、関係ない。女だからとか、性別だって関係ない。

自分の人生、好きに歩んでいこう。

トップへ戻る

-転職の向き合い方
-,

© 2021 ひきこもりの留学と転職 Powered by AFFINGER5